オケピに入りました。

IMG_5322.jpg

会場でのリハが始まりました。
今度の日曜日、6/17、15時開演
板橋区立文化会館大ホールにて
オペレッタ「こうもり」の公演があります。
とても楽しい舞台です。


私は舞台の上でなく下にずっといますが、

お越しください。

広告

オケのリハも始まりました。

キャストの方々のリハは歌の合わせに始まり、演技、演出の指導、リハがあるのでもっと事前から練習しているのですが、

オーケストラの合わせは先週から始まりました。

板橋オペラとして15回目の公演です。

是非いらしてください。

6/17(日)15時より板橋区立文化会館大ホールです。

 

チケットもお問い合わせはメッセージをください。

演奏会のお知らせ

ピットの中にいます。

108-2

第108回ライブリーコンサート いたばし区民参加Project XV

喜歌劇「こうもり」日本語上演

ヨハン・シュトラウス2世の最高傑作、夢のオペレッタ。いつしか一緒に口ずさんでいる名曲が満載。シャンパーニュをかかげてかんぱい!

2018年6月17日(日)開場14:30 開演15:00
板橋区立文化会館大ホール
料金:前売一般5,000円、中学生以下3,500円(全席自由)※︎当日500円増し
100歳以上 当日100円(当日受付で年齢を証明する物をご提示ください、前売りはございません)
主催:板橋区演奏家協会 共催:(公財)板橋区文化・国際交流財団
後援: (株)井上エンタープライズ

指揮 成田 徹   演出 林 永清

キャスト
アイゼンシュタイン 林 永清
ロザリンデ     片岡ひろみ
オルロフスキー   水島 恵美
アデーレ      宮入 玲子
アルフレード    土師 雅人
ファルケ      橘 茂
イーダ       長野佳奈子
フランク      竹野 宏一
ブリント      斎木 智弥
フロッシュ     遠藤 裕司
歌のお客様     吉川 英子
アンサンブル    鎌田 優樹
和氣 友久

IPA室内管弦楽団
 Violin 渡辺朋子 西内真紀 篠原愛子 加藤恵理 笹島智子 加藤和美 野中友多佳
Viola 伊東杏子 石川可奈子
Violoncello 広瀬直人 任 炅娥
Contrabass  井口信之輔
Flute  吉原友惠 三澤彩花
Oboe  下羽 南 弘瀬麻子
Clarinet  宇田早苗
Saxophone  金井宏光 吉倉昌紀
Trumpet  関根志郎
Horn 滝沢菜月
Trombone  金川マコト
Percussion  新垣 潤 倉田 陸 佐藤 綾

合唱 IPAオペラアンサンブル 区民文化講座 喜歌劇「こうもり」修了メンバー

スタッフ
照  明 中野 昇(シグマコミュニケーションズ)
美  術 ポンチョネ中西(BB商会)
演出助手 松岡智香衣  装 シェヘラザード(BB商会)
ヘアメイク LuLu(BB商会)
合唱講座指導     内田裕見子
コレペティトゥーア  鈴木架哉子 和氣友久 三浦愛子 桶 絢湖
編  曲       猪間道明 金井宏光
プロデューサー    吉川英子 水島恵美 和氣友久 長野佳奈子 吉原友惠

演奏会のお知らせ 湘南トロンボーン協会

湘南トロンボーン協会 第38回定期演奏会

2018年5月25日(金) 19:00

港南区民文化センター「ひまわりの郷」

入場料:一般¥3,000 学生¥2,000

このシリーズはオーケストラ編成の曲を作曲家、荻野松宣先生の編曲によるトロンボーンアンサンブルのコンサートですが、
今回はゲストに玉木優さんをお迎えしてトロンボーンアンサンブルに編曲されたダヴィッドのトロンボーンコンチェルティーノを演奏します。
また、三線の東風平高根さんとの共演も予定しています。

お問い合わせはメッセージをいただければ返信いたします。

ゲスト
三線:東風平高根
トロンボーン:玉木優

音楽監督:荻野松宣

客演指揮:雨谷善之

メンバー
テナートロンボーン:岸名和巳 植松雅史 金川マコト 小林功嗣 小林千沙 疋田かおり 府川創作 山辺勝義
バストロンボーン:秋裕一郎 山口賢太郎
パーカッション:増田博之 夏目恵里子
司会:もりや櫟

曲目:ダヴィッド/トロンボーンコンチェルティーノ 他

主催:湘南トロンボーン協会
後援:日本トロンボーン協会

本番前に食事をとるかとらないか

本番で最高のパフォーマンスを出すためにその前に食事をとるかとらないかは悩まれている方が多く、よく質問を受けます。

結論としては、「ひとそれぞれ」です。

どちらが自分に合ってるかは普段の練習の時に試してください。

夕方からの練習の時であればその前に、昼からの練習であれば昼食を食べずに練習をしたときと多部で練習をしたときとご自身にとってどちらがより良いパフォーマンスが出せたか感じてください。

胃に何かあると上手くいかないけれど、おなかがすいた感じがいやだという方には
「固形のプドウ糖」をお薦めいます。

IMG_5115.jpg

飴のようですが、すぐに溶けてしまいますので時間はかからずに摂取できます。
空腹感が亡くなる上に、頭がさえた感じになります。

まずは練習時に試してみてください。

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=makotokanekaw-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B00153I3C8&linkId=792aca14847aa8ade1d5fe2a5a6af829&bc1=ffffff&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr

お薦めの小物(消しゴム)

合奏の練習中に楽譜に書く時に鉛筆を用意すると思いますが、
忘れがちなのが消しゴムです。

この時に便利なのがこのキャップ式の消しゴム、

ファーバーカステル Grip2001 イレーサーキャップ です。

IMG_4916.jpg

しまう時には鉛筆のキャップとして使い、
使う時には鉛筆の反対側に付けます。

少しきつめなので私は写真のように反対側にさしたままで、キャップはアルミのものを使用しています。

良くある消しゴム付きの鉛筆の場合、ちゃんと消えずに汚くなるだけなのですが、
この消しゴムはきれいに消せます。

2つで120円程度ですが、売っている所が少ないのが難点です。

下の写真をクリックすると通販サイトに行き購入できますが、送料が商品以上にかかります。
直接の購入ですと「ファーバーカステル」ブランドを扱っている大きな文具店に行かないとないので都内の方ですと銀座にお出かけの時に大きな文具店に寄ってみてください。

 

 

初見に強くなるには

レッスンをしていますと
「楽譜を読めるようになるにはどうしたらいいですか?」
という質問が多く出てきます。
私自身も初見(楽譜を見てすぐに演奏すること)が苦手でした。

まず、大切なことは楽譜を「ド・レ・ミ」で歌えるようにすることです。(C,D,Eの方が歌いやすければそれで構いません)

出来れば正しい音程で歌えた方がいいのですが、
初めは音程がなくて言葉に出すだけでも良いです。
慣れてきたら音程をつけて歌ってください。

この時、出来る部分を速く歌い、
出来ない部分をゆっくり歌うことは決してしないでください。
難しい部分が出来る速さで(初めはゆっくりで構わないので)
始めから同じテンポで歌ってください。

次に楽器を持ち、「吹かずに」歌います。
歌に合わせてその音のポジションに動かしてください。
慣れれば楽器を持たずに「エアートロンボーン」状態で
歌いながら腕を動かせるようになります。
この時も始めから終わりまで自分の都合でテンポを変えないでください。

それから演奏をします。
これを繰り返し、いろいろな曲で練習していくと
楽譜を新聞を読むように塊で読めるようになります。

根気よく試してください。

トロンボーンカルテット「ル・グラン・ブルー」新メンバーのご紹介

2018年4月から新たに参加する 奥積すなお です。

よろしくお願いします。

sunao
プロフィール
埼玉県出身。洗足学園音楽大学を卒業。トロンボーンを新田幹男、平田芳子、香川慎二、金川マコトの各氏に師事。室内楽を佛坂咲千生、渡辺功、菊本和昭、池上亘の各氏に師事。大学在学中に前田記念奨学金を授与。オーディション合格者による室内楽コンサートに出演。第5回音楽大学オーケストラフェスティバルに大学から推薦され参加。在学中、岩手県宮古市、宮城県気仙沼市での復興支援コンサートに出演した他、ヤマハ銀座コンサートサロンを始めとする都内各地でのコンサートに出演。現在は吹奏楽、オーケストラでの演奏や、吹奏楽部での指導等で活動中。7th CODEイオンモール羽生店講師。Banquet Brass Quintetメンバー。

トロンボーンカルテット「ル・グラン・ブルー」臼田克巳退団のお知らせ

トロンボーンカルテット「ル・グラン・ブルー」のメンバーの
臼田克巳が2018年3月をもちまして退団することとなりました。
ありがとうございました。

臼田の挨拶です。

2014年の定期公演から4年間、Le Grand Bleuで活動をさせていただきましたが、2018年3月をもちまして退団させていただく事になりました。
今年度は大きな転換期があり、悩みに悩んだ結果、
新年度4月より某企業のコンサート企画事業部に就職する事が決まりました。
これまで「音楽」そして「トロンボーン」を通してたくさんの方々に
出会う事が出来たこと私自身も「音楽」からたくさんのモノをもらう事が出来たこと
私は音楽業界から離れずに、これまでのお礼などすべてひっくるめて、
益々業界が発展していけるように気を引き締めて仕事をして参りたいと思います。
演奏家としてはトロンボーンを置く決心をしましたが、
これからもコンサート会場でお会いする事はあると思います。
Le Grand Bleuの益々の発展を願い、またメンバーの皆様に感謝を込めて、
今日はご報告させていただきます。
今は少しずつですが、お世話になっている方々にご報告させていただいております。
またお会いできる日を楽しみにしております。
どうもありがとうございました。     臼田克巳