練習のヒント

個人で練習しているときに、上手く出来ないフレーズがあった場合、
やみくもに繰り返すだけではなかなか出来るようになりません。

そんなときはまず、そのフレーズの構成が和音(アルペジオ)であればその和音(アルペジオ)を下から順番に並べて練習、音階であればその音階を主音から練習します。

そしてゆっくり、出来る速さで練習してください。
その時気を付けるのは出来る所を速くしないことです。全て同じ速さで練習してください。

出来るようになったから、これが大切です。
できたからと言ってそのまま次に行かず、
出来るようになったフレーズを3回連続で成功するまで繰り返し練習してください。
「できた!」と喜んですぐに次に行ってしまうと翌日そのフレーズはまたできないこという繰り返しになってしまいます。
ゲームのように2回目までクリアして3回目で上手くいかなかったらまた0からカウントするのです。
こうすると次回の練習からそのフレーズは問題なく出来るようになっていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中