練習にあたって。

曲を練習中、出来ない箇所があたらその場所を取りだして練習しないと、いつまでたっても出来るようになりません。
始めから終わりまでただ通すだけの練習では上達しません。

出来ない場所を取りだし、
(一つの音だけで)リズムだけを練習する。
(リズムは無視し)音程だけを練習する。
ゆっくり練習する。(だんだん本来の速さにしていく)
ポジションの研究をする。
構成している和音を取り出し、Arpeggioで吹く。
構成している調を取りだし、音階練習をする。
等をしていくと出来るようになります。

そしてこれからだ最も大切なこと。

出来るようになったら、そのフレーズを3回連続で成功するまで
繰り返してください。

出来なかった箇所が出来るようになって、そのまま先に行くと、
翌日また出来ないとなってしまいます。
出来てからの繰り返しが大切です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中