訃報が届きました。

親友が亡くなりました。僕と同い年なので48歳、誕生日が来れば49歳です。
彼とは音楽を通して知り合い、つきあいはもうすぐ20年でした。
彼はヴァイオリニストで、留学中に会ったことはなかったのですが、同じ時期にパリに留学していたりと気の合う仲間でした。
8月の頭間まで普通に生活していたので、彼の訃報を聞いたときは信じられませんでした。
突然だったので、はじめ交通事故に遭ったのかと思ったのですが、病気でした。

僕が知らせを受けたのが外出先だったので、妻に電話をしました。
僕「江頭君が亡くなった」
妻「なくなったってどうゆうこと?」
妻も「なくなる」という言葉から「亡くなる」と理解するのが出来ないくらい突然のことでした。

昨日、彼の自宅まで会いに行ってきました。
多くの知人が絶え間なく訪れていました。
ベッドに横たわってる彼は寝ているようでしたが、目を開けることはありませんでした。
ご両親とお話をして、横たわっている彼を見ているうちに彼の死をようやく理解してきました。

写真は昨年11月に妻のリサイタルにゲスト出演してもらったときの打ち上げの模様です。

12046745_10207622898831847_109050323679352462_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中