フランス人へのトロンボーンレッスン

縁あってフランス人の中学生の男の子を教えることになりました。
フランス語で習うのとフランス語で教えるのはかなり違っていてなかなか大変です。
でも、自分がフランスで習ってきたことを鮮明に思い出しながら指導するのは、自分にとって新たな発見があって、今後楽しみです。

写真は24年前に買ったフランス語で書かれた楽典の本です。
留学前にトロンボーンでフランス留学された第一人者の元札幌交響楽団の余田さんとお話をしたときに留学に当たってフランス語での音楽用語を覚えおいた方が良いとアドバイスをいただき、当時探して見つけたものです。
(基本ですが♯はシャープと言いませんし、♭はフラットと言いません。)
今回指導するに当たって、また読み返しています。

11350588_10206592438470982_2617639184065798631_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中